SOSーSound Of Story

SF小説、SF映画、自分のこだわりについて語りたい

SOS3~映画『天気の子』について(ちょっとだけネタバレ注意)

 以下、映画『天気の子』について、(ちょっとだけ)ネタバレを含んでいます。

映画をご覧になっていない方はご注意ください!

では!

 

スターバックスでこんばんは。

すれ違いざま、おはようございます。

お昼寝の夢の中、こんにちは。

 

SHIKIです。

3回目の更新です。

 

ただいまの時刻、午前2時28分。

興奮して眠れない。

なぜか。

答えは、約4時間前に鑑賞した映画のせいです。

新海誠監督『天気の子』のせいです。

 

以下、感想。

内容にはできるだけ触れないつもり、、、です。

 

 

舞台は、今回は雨が長い間降り続けている東京(特に新宿)。

(この設定自体が、今の日本の気候とシンクロしていて既に面白い)

コクーンタワー、ドコモタワーがよくスクリーンを横切ります。

雨に濡れたコクーンタワー、光を反射するコクーンタワーが美しい、、、

『君の名は』から感じていたのですが、

新海監督は光や水の表現方法がすごく綺麗です、雨、日差し

がこんなに綺麗なんだって改めて感じさせてくれます。

 

明日は、このテンションのまま新宿に行って見ようと思います(笑)

 

さて、内容には、あまり触れないお約束なので、以下は

私の感想です。

 

控えめに行って、最高に好みの映画でした!!!

設定は、『空の中』(有川浩))と日本沈没小松左京)と『沈んだ世界』(J・Gバラード)を全部足した感じ。

これらの大作を全部、新宿にぶちまけた感じ、って言えばいいのかな、、、

(伝わっておくれ、、、笑)

 

この設定の中で主人公の家出少年、100%晴れ女のヒロインとその弟であるモテモテ少年、自堕落ゴシップライター、などなどの登場人物が新宿などを舞台にして物語は始まっていきます。

 

鑑賞後、改めて感じたことは「世界は誰かの犠牲の上に成り立っていて、狂っている」です。

でも、それ以上に私がこの映画を鑑賞して強く感じたことは

 

「世界が誰かの犠牲の上にあるのは、今に始まったことではなく、人間はそうやっていきてきた動物だ。少しずつ思考や言葉を発達させて今の社会はできたわけだけど、ベースは変わらない。世界は誰かの犠牲の上に立っている。これが世界の秘密だ」

 

このことを再確認できた映画でした。

狂うのは、犠牲を忘れるからだと私は思うのです。

私は、この犠牲と犠牲を生むきっかけとなった愛さえ忘れなければ、

人間はもっと暮らしやすい社会を築けるのではないかと私は思うのです。

 

書くことで、

ようやく興奮がおさまってきました、寝ます!

 

またお会いしましょう。

 

SHIKI

 

 

 

 

 

 

SOS2〜時間について

しとしと雨降りの中、こんばんは。

または、通勤電車の中、おはようございます。

または、昼休み中、こんにちは。

 

SHIKIです。

SOS、2回目の更新です。

とりあえず、2歩目を踏み出せたみたいです。

一歩一歩歩いていきます。

 

さて、今日は、「時間」についてSHIKIが考えている事を綴ってみたいと

思います。

 

まず、オーソドックスな質問:

「タイムマシーンがあったら、過去と未来、どちらに行きたいですか?」

あなたはどちらでしょうか。過去?未来?

 

私は、今まで、断っっっ然、「過去」派でした。

だって、今までの間違えた事、後悔している事を帳消しできるチャンスが手に入る

んですよ!?

 

「あの時にあんな事を言わなければ、誰も傷つけずに済んだのに」

「もう少し勉強しておけばよかった」

「あとちょっと勇気があれば」

「なんて馬鹿な事をしたんだ」

 

あなたも一度は考えた事があると思います。

私も考えました、今も考えています。

あなたにも思うところはあるでしょう。

 

私はこういう風に考えてみました。

私の後悔の果てにたどり着いた今の、私自身の結論は、

 

「タイムマシーンがあっても、私は、乗りません。過去にも未来にも

行かない。」

 

これが私の結論です。

だからって、巷の自己啓発本YOUTUBEに溢れているキラキラした言葉を

ここで語る気はさらさらありません。

私は彼らの言葉に心は動かされなかった。

 

私は、過去を鎖、未来を言葉と捉えます。

過去はどんな風に生きても、今を呪い、鎖で縛る。

未来は、今、鎖で縛られている状態で叫ぶ虚しい言葉に過ぎない。

 

過去に戻って、今を縛る鎖を外しても

結局は何かしらの鎖に縛られる。

そして鎖で縛られた状態で叫ぶ未来はどこまでいっても虚しい。

私は人はこうやって生きていくしかないのではないかと考えるのです。

 

では、「今を生き」ますか?

有名人、お金持ちのいうことも一理あるでしょう。

「前へ進め」

「過去は過去」

「次頑張ろう」

 

素敵です。いいね。

でもどこか薄っぺらい。

 

私はこう考える。

鎖に繋がれたまま、呪われたまま、未来に向かって叫びながら

考えてみる。

 

これが今の答えだ。

「大切なものでも、大切な人でもいい。

何なら形すらなくていい。主義主張なんでもいい。

空想、妄想、幻想、夢でもいい。

それを一つだけ命がけで守ろう。」

 

「大切なもの」は他人の目は気にしないでほしい。

ダサかろうが、恥ずかしかろうがあなたが大切だと感じればそれでいい。

たくさんいらない。一つでいい。

 

そうすれば、過去はあなたの鎖ではなく、あなたを守る鎧になり、

未来は虚しい言葉ではなく、あなたがあなたの敵と戦うための剣になる。

そうすれば、時間はあなたに屈するだろう。

守るものがあれば、時間を超えられる。

 

長文で、支離滅裂かもしれない。

申し訳ない。

でも、これが今、私が考えていることなのです。

 

私はタイムマシーンには乗りません。

守りたいものがあるのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

SHIKI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めまして、まずブログの由来から

初めまして、SHIKIといいます。

ブログ初心者です。

お手柔らかに。

 

まずは、このブログの由来と目的あたりから。

“SOSーSound Of Story”、このブログに込めた、私なりの

思いあたりから、ゆったり、まったり始めていこうかな、と。

 

では。まず由来。

このブログの由来は、文字通り、

「助けてくれ!!!」

っていう意味と

私が、今まで生きていくために

すがってきた、本・映画の話(主にSF)を

したいっていう野望をかけてみました。

 

詳しいことは、これから書いていく記事で

触れていこうか、と。

 

できるだけ、定期的に更新していこうと

思います。

 

このブログを通して、

私の大好きなSFについて語り、

少しでも、共感してくれる方がいてくれれば、

勇気を振り絞って、ネットの大海原を漕ぎ出した

ことに意味が生まれる、私はそう思います。

 

では。

SHIKI